上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日ネットで映画館のHPを見てると、
『ゲド戦記』が今日から公開だということに
気付きました!おそっ!!

↑ クリックでHPへ行けます。

「そうだったのかぁ~」と思いながら、
空席状況を確認すると、
余裕があるようだったので、
急遽レイトショーを観に行くことにしました。
1,200円で観れます(笑)。
多いかもしれないので、予約しました。
完璧です!!

楽しみです♪


ランキングに参加しています。
↓ クリックお願いしま~す。o(*^▽^*)o~♪




さっきアップしたばかりだけど、
今日はDVDも見ました。
家にあったのだけど、私は見たことがなくて。
『裸足の1500マイル』です。
裸足の1500マイル

裸足の1500マイル (RABBIT PROOF FENCE)
■2002年オーストラリア 
■監督:フィリップ・ノイス 
■製作:フィリップ・ノイス、クリスティン・オルセン 
■原作:ドリス・ピルキングトン 
■脚本:クリスティン・オルセン 
■音楽:ピーター・ガブリエル
■出演:エヴァーリン・サンピ、ローラ・モナガン、
    ティアナ・サンズベリー、ティアナ・サンズベリー

母の待つ故郷まで2400キロ。
1本のフェンスが、親子の絆をつなぐ―。

母の愛を胸に、自分たちを信じて90日間歩き続けた少女たちの真実の物語。
お母さんに会いたい―。
これほど純粋で強い気持ちが他にあるだろうか・
小さな身体にその思いを秘めて大地を駆け抜ける少女たち。
気まぐれな大自然は時に大地に恵を与え、時に人間を脅威にさらす。
少女たちの無謀な、しかし勇敢ある逃亡劇を
果てしなく広がる空だけが見ていた―。


1931年当時のオーストラリアの“保護隔離政策”を背景にした実話に基づく話。
“保護隔離政策”とは先住民アボリジニの混血児たちを家族から隔離し、
白人社会に適応させようとする政策。
強引に親子を引き離され、すごくかわいそうでした。。
施設に連れてこられた後に、脱走してお母さんのもとへ帰る話なんだけど、
2400キロも歩いて帰るんです。
しかも途中に砂漠があったりして、険しい道を子供だけで帰っていくんです。

かなり感動しました。
お母さんに会いたいという強い気持ちが伝わってきました。
そして、人種差別って残酷だなと思いました。。
自分は日本人で日本で暮らしているので、
そういう人種差別に直面する機会がほとんどないわけだけど、
世界中で人種差別はあるんだよね。。

メッセージ性が強く、素晴らしい映画だと思います!
ちょっとしんみりです・・・。

ランキングに参加しています。
↓ クリックお願いしま~す。o(*^▽^*)o~♪




昨日のレイトショーで
念願の『ダ・ヴィンチ・コード』を
ようやく見に行った。

内容は原作とほぼ同じと聞いていたけど、
私は違うと思った。
賛否両論な映画だけど、
私はいい映画だと思った。
内容について書いちゃうと
ネタバレになっちゃうので、
書かない方がいいな。。

歴史的建造物が多数出てくるので、
海外旅行に行きたくなっちゃいました。
まぁそんなお金も暇もないんで、
行けそうもないんだけどね…(‥;)

結構言われていることだけど、
やっぱり原作の方がいいなと思った。
原作を読んで見た方が
映画を楽しむ余裕があるかも。

原作を知らない状態で見ると
内容がかなり専門的で難しいので、
ストーリーについていくのに一生懸命になって
疲れてしまうのではと思った。
私は特に文系頭ではないので
原作知らない状態でみたら
チンプンカンプンだったかも…と思った。

レイトショーで見たのは初めてで、
1800円で見るつもりが1200円で見れたので、
ちょっと得した気分だった。

映画見るまで時間があったので
うちのレックンのお洋服を買うことにした☆
暑くなってきたから普段は着せないんだけど、
最近よく毛が抜けるらしいから。

少し余裕がある感じのサイズを想定して買ったのに
結構ピチピチだった。。
ピチピチレオ

ちょっとわかりにくいかな。
でもまぁよく似合っているからカワイイです。

ランキングに参加しています。
↓クリックお願いしま~す。o(*^▽^*)o~♪

ダ・ビンチ コード

日曜日に念願の『ダ・ヴィンチ・コード』の本を買って
読み始めたところだ。
映画を見るだけにするか、
映画の後に読書するか、
読書の後に映画を見るかで悩んだけど、
映画評論家や雑誌を参考にして、
読書の後に映画を見ようってことにした。

久々の読書。
しかも上・中・下と3冊もあるんで、
トロトロ読んでいたら
映画の公開が終わってしまいそうな気がする…。
私、本読むの遅いんだよね。。
速読できる人って、すごいなぁと思う!

映画は是が非でもというわけではないけど、
映画館で見たいなぁと思っている。

昼休みや寝る前に読んでいるけど、
今、ちょうど登場人物が把握できはじめて
面白くなってきたところ!
仕事サボってでも読みたいくらい。。
こうなってくると、早く読み終わるかな♪

ランキングに参加しています。
↓クリックお願いしま~す。o(*^▽^*)o~♪


キャナルシティ

今日はキャナルシティ博多に行ってきた。
もちろん映画を観るために!
以前ブログにも書いたけど、予定通り
Vフォー・ヴェンデッタを観た。

V

感想はというと…
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。