上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さっきアップしたばかりだけど、
今日はDVDも見ました。
家にあったのだけど、私は見たことがなくて。
『裸足の1500マイル』です。
裸足の1500マイル

裸足の1500マイル (RABBIT PROOF FENCE)
■2002年オーストラリア 
■監督:フィリップ・ノイス 
■製作:フィリップ・ノイス、クリスティン・オルセン 
■原作:ドリス・ピルキングトン 
■脚本:クリスティン・オルセン 
■音楽:ピーター・ガブリエル
■出演:エヴァーリン・サンピ、ローラ・モナガン、
    ティアナ・サンズベリー、ティアナ・サンズベリー

母の待つ故郷まで2400キロ。
1本のフェンスが、親子の絆をつなぐ―。

母の愛を胸に、自分たちを信じて90日間歩き続けた少女たちの真実の物語。
お母さんに会いたい―。
これほど純粋で強い気持ちが他にあるだろうか・
小さな身体にその思いを秘めて大地を駆け抜ける少女たち。
気まぐれな大自然は時に大地に恵を与え、時に人間を脅威にさらす。
少女たちの無謀な、しかし勇敢ある逃亡劇を
果てしなく広がる空だけが見ていた―。


1931年当時のオーストラリアの“保護隔離政策”を背景にした実話に基づく話。
“保護隔離政策”とは先住民アボリジニの混血児たちを家族から隔離し、
白人社会に適応させようとする政策。
強引に親子を引き離され、すごくかわいそうでした。。
施設に連れてこられた後に、脱走してお母さんのもとへ帰る話なんだけど、
2400キロも歩いて帰るんです。
しかも途中に砂漠があったりして、険しい道を子供だけで帰っていくんです。

かなり感動しました。
お母さんに会いたいという強い気持ちが伝わってきました。
そして、人種差別って残酷だなと思いました。。
自分は日本人で日本で暮らしているので、
そういう人種差別に直面する機会がほとんどないわけだけど、
世界中で人種差別はあるんだよね。。

メッセージ性が強く、素晴らしい映画だと思います!
ちょっとしんみりです・・・。

ランキングに参加しています。
↓ クリックお願いしま~す。o(*^▽^*)o~♪




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://micklsfavorites.blog62.fc2.com/tb.php/79-bade9794
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。