上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も暑かった。
上司の段取りが悪いのと、その本人がゴルフだったため、
今日は事実上トバッチリの休日出勤でした。。
まぁ、最近は結構休ませてもらっていたし、
上司の「申し訳ないねぇ」という気持ちも伝わったので、
ツベコベ言わずに引き受けました。

一時間で終わる仕事だったので、
さっさと終わらせて帰りましたが、
予定が入れられず、ちょっと残念な一日でした。


そんな今日はまっすぐ家に帰って、
DVD鑑賞しました。
今日観たのは『阿修羅のごとく』です。
阿修羅のごとく

 昭和54年の冬、久しぶりに集まった竹沢家の4姉妹
(大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子)は、
70歳を迎える父(仲代達矢)に愛人と子どもがいることを知らされ、
それを機にそれぞれが抱える人生の悩みに直面していく……。
 かつてNHKで放映された向田邦子・脚本の名作ドラマを、
『失楽園』『模倣犯』などの才人・森田芳光監督が映画化。
昭和後期の女性たちの生きざまが、
現代にも巧みに訴えかける普遍性を伴いながら、
観る者に心地よい感動を与える秀作である。
姉妹それぞれのキャラクター分けも非常にうまくいっており、
また森田演出ならではの温かみあるユーモアセンスも好調。
またTV版で次女を演じた八千草薫がここでは姉妹の母に扮し、
まるで作品全体を包み込むような圧倒的存在感を示している。
フレンチ・ジャズ『ラジオのように』を日本家屋の風景にかぶせた大島ミチルの音楽も快調。

《監督》 森田芳光
《原作》 向田邦子(「阿修羅のごとく」新潮文庫刊・文春文庫刊)
《脚本》 筒井ともみ
《出演》 大竹しのぶ 黒木 瞳 深津絵里 深田恭子 小林 薫 
     中村獅童 RIKIYA 桃井かおり 坂東三津五郎 木村佳乃 
     益岡 徹 佐藤恒治 長澤まさみ 紺野美沙子 八千草 薫 
     仲代達矢


最近DVDを買ったんですが、
最初に観たのは2年くらい前だったと思います。
偶然衛星放送でやっていたのを観たんですが、
ストーリーが面白くて前々からDVDを買おうと思っていたんです。
向田邦子さんはお洒落な人だったと言われているし、
作家さんとしてだけでなく、
女性としてもすごく魅力を感じます。

キャストも豪華だし!
中村獅童と深津絵里のカップルが笑えます♪
年老いた父親に愛人がいることがわかり、
四姉妹がその真相を突き止めようと悪戦苦闘するんだけど、
おもしろおかしく話は進んでいきます。
切なくなる場面もあるんだけど、
本当に面白い作品だと思います。
笑いました♪
おもしろかったです!



ランキングに参加しています。
↓ クリックお願いしま~す。o(*^▽^*)o~♪



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://micklsfavorites.blog62.fc2.com/tb.php/121-a93fe04b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。